人気ブログランキング |

もう、赤ちゃんじゃないよ!

一度も粉ミルクのお世話になることなく、
生まれた直後から、来る日も来る日もおっぱいを飲み続けた娘。
母は決して忘れません、分娩台の上で、
初めてあなたにおっぱいを含ませた時の記憶……

……とうとう、その日がやってきました。
ひと月くらい前から、言い聴かせてきました。
「おっぱいは赤ちゃんだよ。○○ちゃんは、もうすぐ3才だから、
もう赤ちゃんじゃないよ。3才になったら、おっぱいやめようね」
神妙な顔をしながら、黙って聴いていた娘。
そんなにすんなり卒乳できるわけがないよ。
しばらくは泣き叫ぶに決まってるし、
母も根負けして、ずるずるとおっぱいあげちゃいそう……
ううん、本当は私のほうが内心、乳離れしたくないの……

いよいよ3才のお誕生日が前日に迫った夜、
お布団の中で、彼女に語りかけました。
「これでおっぱい、最後だよ。
明日から3才だから、もうおっぱいバイバイだね」
娘はコクリと素直にうなずき、
そしていつものように、おっぱいにかぶりつきました。

3年間、惜しみなく娘に与え続けたおっぱい。
乳腺炎になったり、そこまでいかずとも乳首が切れて痛かったこと数知れず。
今ではすっかり、しなびちゃって、崩れちゃって、
悲しいくらい吸い尽くされちゃった。。。

おっぱい最後の夜。
全く実感ありませんでした。
本当に、本当に、あれが最後のおっぱいになってしまっただなんて……

次の朝。
「おっぱいちょうだい〜!」って、
寝ぼけ眼でベソかきながら私にしがみついてくる娘の姿を、
今思えば期待していた私。
「おっぱい、バイバイしたでしょ。しかたないなぁ、これで最後だよ」
なんてつぶやきながら、少しほくそえんで、
泣きじゃくる娘に渋々おっぱいをあげることになる、って思ってました。

ところが!
丸3年間続けてきた、朝のお決まりの儀式を、
娘ったら、あっさりすんなり辞めてしまったのです。
こちらが待っても待っても、おっぱいを催促することなく、
すっと目覚めたかと思うと、私の腕の中からするりと抜け出す彼女。
寝起きがひどく悪くて、おっぱいでようやく落ち着きを取り戻す娘が……
一体どうしちゃったの?!
「うーん、こんなに簡単にいくはずがない、
きっとお昼ねのときには、おっぱい〜!ってなるはず」

お誕生日当日の朝も、昼も、そして夜も、
そのまた次の日の朝も、昼も、夜も……
待てど暮らせど、彼女は「おっぱい」の「お」の字も口にしてくれません。
信じられない……!
現実を受け入れ切れない私。
そんなぁ〜〜!!

さらに1週間経ち、2週間経ち、たしか3週間目だったかな。
実は相当、頑張ってるに違いない彼女に、
母はつい、悪魔のささやきをしてしまいました。
「○○ちゃん、おっぱい飲まないの? 飲んでもいいんだよ?」

しかし彼女は偉かった。
誘惑に乗ることもなく、きっぱりと言ったのです。
「おっぱいは赤ちゃんだよ。○○ちゃんはもう3才だから、赤ちゃんじゃないよ」
我が娘ながら、あっぱれ、と思いました。
娘の気持ちを無視した言葉を口にして、
娘が一人で歩き出した道を、逆戻りさせようなんて。
情けないを通り越して、ひどい母です。

娘は3才になる少し前から、夜のおむつもとれていました。
もともと、息子に比べるとはるかに手のかからない、しっかり者の娘。
そんなにあっという間に、大きくならなくていいよ……
成長の度合いが早過ぎて、お母さん、ついて行けないかも……

「もう、赤ちゃんじゃないもん」最近の娘の口癖。
そうだね、その通りだね。
いつまでも赤ちゃんで居て欲しいと思うのは、お母さんの勝手だね……

今、彼女のために、母に出来ることがあるとしたら、
できるだけ彼女の自律の邪魔をしないこと。
寂しい気持ちを立て直そうと、母は入園準備にとりかかりました。
そういえば、いろいろあったね、手作りできるもの。
入園式に着る服も作っちゃおうか。やっぱりリバティかな。
# by maya-daisuki | 2010-11-13 16:51 | よしなしごと

娘、2才11カ月。

いよいよ満3才のお誕生日が目前にせまってきました。
娘、日々進化中です。

最近の出来事。
さかんにアンパンマンのお顔を描いています。
それが、いい感じに力の抜けた表情をしていて、
ノホホンと、いかにも娘らしいのです。。。
ipadの操作をすでにかなりマスターしていて、
画用紙にクレヨンだけでなく、ちいさな指でぽんぽんと、
器用にipadを操作して、お絵描きしています。
色を変えたり、消したり、保存したり、と自由自在。
現代っ子ですね、2才代からもう、パソコンとお友だち!
お絵描き機能だけでなく、DVDや撮りだめてある写真なども、
自分で操作して、勝手に見ています。

感心することが、もうひとつ。
会話の中に、「アタシ」という一人称が出て来ました。
「○○チャン(兄のこと)はボクでしょ〜、○○ちゃん(自分)はアタシ!」
「アタシは〜なの」などなど。
また、自分は女の子だという自覚も、以前に増して芽生えているようで、
「○○くんは○ン○ン? アタシはオ○タ!」
「○ン○ンはオトコノコ? オ○タはオンナノコ」なんて言ってみたり。

……今日は、来月撮影予定の七五三に備えて、
生まれて初めて、プロの美容師さんにヘアカットをしてもらいました。
行った先は、横浜ららぽーと内の、キティちゃんの美容室。
担当になった美容師さんが若い男性で、
シャイな方だったのかほとんど無口、
カットといい、ブローの仕方といい、その他もろもろ、
まるで大人に施術するような感じだったので、
ずいぶん緊張していた様子の娘でしたが、
ずーっと私の手を握りしめたまま、何とか持ちこたえ、
約40分のカットの間じゅう、静かにじっとしていることができました。
じっとしていられるからか、時間をかけて丁寧に切ってくれたようです。
仕上がりも、とっても満足♪ 
エライね、ほんとうに偉かった。
でも、本音はもう少し、早く終わってもらえるとよかったね(^-^;;;

そう、、、今回のヘアカットで改めて実感したのですが、
娘は、どちらかというと我慢上手というか、
場合によっては、我慢し過ぎるタイプのようです。
ヘアカット後、キッズコーナーで遊んでいた時も、
男の子の手が目の近くに当たってしまい、一瞬痛そうな表情をしましたが、
泣いてしまうかと思いきや顔を歪めたまま、遊び続けました。
ところが、しばらくすると青あざが出来、腫れてきてしまったのです。
腫れ方からすると、あの時、相当痛かったに違いありません。
我慢しちゃったのでしょう、涙をぐっとこらえて。

7才上の兄が、どちらかというと衝動に忠実で、
我慢強いというよりは、したいことははっきり意思表示し、
したくないことはきっぱりと拒否するほうなので、
幼い時は扱いづらいことも多かったのです。
そんな兄に比べると、娘は随分ラクだなぁ、
育てやすいなぁ、と思っていました。

でも、そう思ってばかりじゃいけないんですね……

もうすぐ3才。
夜のおむつもとれてしまったし、お話も上手だし、
プレ幼稚園も大好きで、毎週楽しみにしています。
お手伝いもよくしてくれるし、ありがとう、や、ごめんなさい、も、
しかるべきタイミングで素直に言うことのできる、しっかりものの娘。
もしかすると、娘なりに必死なのかもしれない。
4人家族の中で、ひとりだけちっちゃくて、
何とか追いつこうと背伸びして、頑張りすぎちゃってるのかもしれない。

もしや、頑張らせてしまっているのは、母親の私……?
少し反省しなきゃ、の母です。
# by maya-daisuki | 2010-09-27 07:29 | よしなしごと

娘、2才9カ月。

作品作りが進まないまま、
あっという間に1カ月が過ぎてしまいました。
作りかけのワンピースをほったらかしにしたまま
着手したブラウスも、なかなか完成しません。困った。

とりあえず、目まぐるしく日々進化中の、
娘の成長記録をつけておくことにしました。

4月から通い始めたプレ幼稚園。
ようやく、自分のお名前を言えるようになりました。
でも、まだまだ、先生には慣れなくて、
未だに目を反らしたり、私の後ろに隠れたり。。。
おもちゃも自分では取りに行けず、
私の手を引いて一緒に行こうとします。
かなりの内弁慶みたい。。。

家の中ではうってかわって、
とくにお兄ちゃんに対して、ものすごく強気!
お兄ちゃんは妹にメロメロなので、
何をされても許してしまうし、妹の言うなりなのです。
妹も、優しいお兄ちゃんが大好き。
そんなふうに、ほどほどに良好な兄妹関係ですが、
おやつがからむ時だけは例外!!
お互いに本気で、おやつの奪い合いです。
アホらしいけど、ほほえましいひと時です。
(いいえ、ひどくうるさくて、呆れ果てるひと時……)

それにしても女の子って、ずーっとしゃべりっぱなしなんですね??
語彙や言い回し、空気の読み方など、ちっちゃくても女!
まだ2才代の赤ちゃんなのに、大人顔負けだったりします。
# by maya-daisuki | 2010-07-14 16:40 | よしなしごと

mplシャーリングネック2タイプブラウス4号

b0110862_14304451.jpg

近々、法事を控えているので、
ちょっとしたお出かけ着になって、
冠婚葬祭の場にもギリギリOK?なチュニックを作りました。

布は、クルールで確か一昨年に購入した、サマーソーダブラック。
少し張りのある綿ローンで、とても縫いやすかったです。
胸と袖の切り替えに挟んだレースは、check&stripeのもの。

パターンは、mplの廉価版のほうですが、さすがはmさん!
作っていて楽しく、着せてみて美しいパターンでした。
ナルミヤのように、小さめに作られているメーカーの服だと100cm 、
ジャストサイズの服を作っているKPなどでは
95cmのお洋服がちょうどいい娘に、4号を選択。
袖丈のみ2cmカットしましたが、8分袖くらいになりました。
b0110862_1426363.jpg

袖口のラッフルにもレースを挟みましたが、
こうした細かい作業がちっとも苦にならないようなパターンでした。
b0110862_1426309.jpg

ヨークにもレースをはさんで。。。
手前味噌ですが、なかなか素敵な仕上がりです♪

このところ、長男のピアノ発表会の衣装作りに精を出していたので、
手作り関連の記事が滞ってしまっていました。
いろいろ、作りたいものがいっぱいですが、なかなかはかどりません。

* * * * *

娘のトイレ・トレですが、いざ始めてみたら、
あっという間にほぼ完了となりました。
夜はまだオムツをしているし、
昼間も、2〜3日に1回程度のおしっこの失敗はありますが、
おしっこもうんちも自分から知らせてくれるし、特にうんちは失敗なし♪

ところが……おそらくオムツ卒業の代償なのでしょう、
赤ちゃん返りをしているようなのです。
しまじろう6月号DVDの、
はなちゃんが生まれてくるシーンを見ているときなど、
自分とはなちゃんとを、完全に同一化しています。
はなちゃんがミルクを飲んでいるシーンを見て以来、
おもちゃの哺乳瓶を離さなかったり……
(娘は完全母乳なので、 哺乳瓶を使ったことがないのですけれど……)

3才のお誕生日を期に、いよいよ卒乳しようと考えているのですが、
どうなることでしょう…… 
娘も不安でしょうが、母もまた不安です。
# by maya-daisuki | 2010-06-10 14:26 | ハンドメイド

トイレ・トレーニング開始!

娘が2才7カ月を過ぎ、母はようやく重い腰を上げました (^-^;;;
面倒くさくて、つい先延ばしになっていたもの、
そう、トイレ・トレーニングです。

きっかけは、先週日曜日のスーパーのチラシ。
アンパンマンの補助便座が、赤ちゃんホンポ価格から、
さらに1000円くらいお安いのです!
さっそく、お父さんに買いに行ってもらいました。

翌日の月曜日、朝一番に、いきなりおしっこ成功!
ところが喜んだのも束の間、その後は失敗続き。。。
娘は「○○チャン、オムツがいいの……」と、すっかり意気消沈。
火曜日。いくら誘ってもトイレに行かず、頑にパンツを拒否。
水曜日。トイレ・トレのトの字も忘れてしまったかのような、母娘。

そして、木曜日。
娘に何気なく「オムツにする? パンツにする?」と訊ねてみました。
すると、少し考える素振りを見せた娘。
「……オムツはあかちゃんでしょ。パンツにする」
「ほんとにパンツでいいの? いいんだよ、オムツでも」
「ううん、オニのパンツがいいの!」
娘、オニのパンツのお歌が大好きなのです。
そうかそうか、オニのパンツ。
「オニのパンチュは いいパンチュ〜
ちゅよいじょ〜 ちゅよいじょ〜」って、いつも歌っているものね。

自分からパンツを履くと決心した娘。
どうなることかと思いましたが、
その日のおしっこは、全てトイレですることができたのです!
失敗したのは、夕方のうんちの時のみでした。
オニのパンツは、やっぱりすごいね! 頑張った、頑張った!

金曜日。この日も、娘は「オニのパンツ」を履くことを自ら選択。
そして、おしっこは全てトイレで済ますことに成功。
この日の午前中からお昼にかけては、ららぽーとに出かけたのですが、
お外のトイレでも、無事に済ませることができました。

土日の週末。主にお父さんが面倒を見てくれました。
やはり、おしっこは一度も失敗なし。
いきなり、どうしちゃったの??
そして、本日月曜日には、ついに自分から
「おしっこいく!」と、言えるようになりました。
やはり、おしっこの失敗はナシの一日でした。

こんなにうまいこと行く訳がないので、
行きつ戻りつになると思いますが、
とりあえず、前進していることは確かなようです。
おしっこするたびに、最上級に誉めてあげています♪

うんちは、そのうちでいいからね。
ゆっくり行こう、がんばれ娘!

*****

そういえばここ数日、お人形を赤ちゃんに見立てて、
だっこしたり、よしよししたり、おすわりさせてあげたり、
食べさせてあげたり……、はたまた、
お人形にトイレ・トレーニングをさせてみたり……のママごっこを、
盛んにするようになりました。
トイレ・トレを始め、おむつ卒業を目前にして、
「自分はもう赤ちゃんじゃない!」という気持ちが
強く芽生えた証なのでしょうか……
おっぱい卒業も、少しづつ意識し始めているようで、
欲しがる時も、これまでのように直接的ではなく、
照れくさそうに、「言わなくてもわかるでしょ」的な催促を
するようになりました。。。
# by maya-daisuki | 2010-05-24 19:48 | よしなしごと

予防接種、一段落。

先延ばしになっていた、三種混合の追加接種。

本当は、昨年夏に打つスケジュールだったのですが、
あれよあれよという間に、秋になり、冬になり。
年末年始になると、ロタウイルスとインフルエンザにやられ、
そのあとは、カゼが長引いて、小児科と耳鼻科へ通い詰め……
5月に入って、ようやく体調が整ってきました。

そこで、同時接種が可能なhib と一緒に、本日接種して参りました。
もちろん泣きました。
「いやだ〜! たすけてぇえええ〜!!」の、大号泣。
でも、バタバタと抵抗することもなく、なされるがままだったんですよねぇ。
息子の時は、看護婦さんと二人がかりで、必死で抑えたものです。

残すは、水ぼうそうとおたふく。
どちらも任意だけれど、しっかり打つ予定 (^-^)。
実はお兄ちゃんも、どちらも打ったのだけれど、
どちらにも罹ってしまいました。
言われているように、「軽く済んだ」のだけれど、
高いワクチン代を払った身としては、少々複雑な気分……

とにもかくにも予防接種が一段落し、ほっとしております (^-^;;;
# by maya-daisuki | 2010-05-13 16:16 | よしなしごと

幼稚園デビュー!

b0110862_11293225.jpg

2才半になった娘、この春からプレ幼稚園に通い始めることに。
昨日は、記念すべき第一回目の登園でした。

見かけによらず慎重派なので、
しばーらく私からひっついたまま離れません。
自由遊びの場面では、私のひざに乗ったまんま。
「おうちにかえる〜(涙)」を連発。
お遊戯が始まる頃にようやく、
ひざから下りられるようになりました (^-^;;;

そして、工作に入る頃には、自分で紙を丸めたり、
シールを貼ったりできるくらいに馴れてきて、
(それまでは、動きが全く止まってしまうくらいに固まっていました)
「いちごちゃん」を無事、完成させることができました♪
自分で作品を作ったことが、とても嬉しいらしくて、
普段から仲のよいお友だちと、
「いっしょだねー♡」などと言い合い、
手を取り合って喜んでいました。ん〜、女の子っぽい!

その後は、おもちゃの後片付けも、工作のゴミ捨ても、
出席のシールを先生のところまで取りに行くのも、
難なく、きちんとこなせました!
初めての幼稚園にしては上出来!! 感心しきりです。
やっぱり、二人目の子というのは、要領がいいというか、
しっかりしているというか、ともかくよく周りを見ていて、
期待されている行動を自然に取れるようになりますね……
とくに娘は、絵に書いたような二人目性格かもしれません。
お兄ちゃんの不器用さが、痛々しく思い出されるほどです。。。

終了後は、幼稚園のお庭の遊具で遊んでから帰りました。
ここでも、お友だちと、上手に遊んでいる姿を見守りながら、
いつの間にか、立派に成長してくれたなぁ。。。と、感慨深くなりました。

その日は、しきりに
「ようちえん、たのしかったねー♪ またいこうねー♪」
と、繰り返していました。
さらに「おとーさんにでんわするー」と言い、
出張中のお父さんに、ケータイから自分で電話していました。
「ようちえん、いったよー、いちごつくったよー」
と、一丁前にお話している姿に、思わずウルウル。。。
友人知人に出産の報告をするたびに、
「女の子、かわいいでしょー」と言われた意味が、
わかるような気がしました。
(男の子だってかわいいよー、と反感を覚えたりもしましたが・笑)

*いちご泥棒、出現(^-^)*
b0110862_11305664.jpg

# by maya-daisuki | 2010-04-15 08:56 | よしなしごと

isabelのシャーリングブラウス

b0110862_223929100.jpg

C&Sの、あずきミルクのisabelで、
MPLのシャーリング2ショルダーブラウスを作りました。

パターンも布も、かなり以前から用意してあったのだけれど、
ようやく形にすることができました (^-^;;;
パターンはサイズアウト寸前……すぐ着れなくなりそう(涙)。
子ども服のパターンの買い置きは、危険ですよね。
これまでも、何度も失敗しているというのに……またやってしまいました。
作り方はごく簡単ですが、何せ小さいので(サイズ2)、
袖ぐりなどは、けっこう縫いにくかったです。

2才半の娘が、じっとしていてくれる筈もなく、
あんぱんまんのビデオを見せながらの撮影。
どの写真もブレまくっています。
(うっかり写ってしまった、あんぱんまんのおしりふきは、
ご容赦いただけると幸いです・笑)。
b0110862_2239122.jpg

後ろはこんな感じ。リボンをつけるか否か迷っているのですが、
つけないかな……本当にぴったりサイズなので、
リボンを結ぶと、首の周りにあたって、くすぐったい感じになりそう。
デザイン的には、リボンがあったほうが絶対かわいいのだけれど。
b0110862_2239427.jpg

このバケツ、ペットボトル4本で1つ、おまけにもらったもの。
例のバケツのパクリなのでしょうけれど、並べるとカワイイのです。
すっかり娘のおもちゃとなっています。
# by maya-daisuki | 2010-04-12 22:39 | ハンドメイド

花柄帆布のワンマイルtote

b0110862_22362839.jpg

コンパスで布に直接円を描き、直径×3.14しただけの簡単丸底バッグを、
またまた作りました。すごく使いやすいのです。

布はslow boatの花柄プリントの帆布。
一目で気に入り、飛びつくように購入したのですが、
いざ手にとってみると……
帆布にプリントなんて、やっぱり無理があったかな……?
というのが、正直な感想でした。
ところが、布をカットし、形にしていくにつれ、
予想をはるかに超えて、とってもかわいく変身してくれたのでした。

裏布は、C&Sのリネン混ダンガリーのあずきミルク。
この色、何と表現したらよいのでしょうね……
くせになってしまいそうな、不思議な魅力のあるお色。。。
b0110862_22365141.jpg

勢いにのって、おそろいのポーチも作ってしまいました♪
見えないけれど、裏布は同じくあずきミルク。
slow boatさんのsaleで購入したファスナーを使ってみましたが、
少し甘くなり過ぎてしまいました (^-^;;;
# by maya-daisuki | 2010-04-12 22:36 | ハンドメイド

ビオラが好きです

b0110862_19535.jpg

ガーデンニングには、てんで疎い私が、
初めて枯らすことなく、その美しさを堪能することができた花。
ビオラ、ビオラ……君は何て偉い花なの……!

この秋冬もまた、たくさんの鉢をベランダに並べました。
時々花がらを摘み、たまに液体肥料をやり、あとは水と愛情を注ぐだけ(爆)。
なのに貴女は、半年もの間、次々と花を咲かせてくれたの。。。

写真のビオラは、年明け間もない生協のチラシに載っていたのを購入。
蕾のついていない状態で届いたのですが、
ようやく最近になって、花を咲かせるようになりました。
おっ、こんなお花だったのね……!
最初の一輪が花開いた時は、本当に感動しました (^-^)
紫一色ではなく、白い班が全体に入った花弁。
春らしくて、美しいカラーリングです。

ビオラというと、たいていひと鉢100円前後で売っていますが、
これはたしか、2鉢で800円くらいしてたような……
しかも、注文数が予定を上回ったとかで、
内ひと鉢は、発芽したばかりといっても決して過言ではない、
風に飛ばされそうな、か弱い苗。
(それでもお値引きは特になく……)
2カ月たった今も、まだまだちっちゃな苗なのです。
蕾ができるたびに落として、
少しでも大きな株にしようとしているのですけれど。
他にいいやり方があるのかな、きっとあるのだろうな。。。
蕾の色が、うっすらクリーム色をしているので、
どんなお花なのか、とても楽しみにしています。
無事に咲いてくれるとよいけれど……!
# by maya-daisuki | 2010-03-21 01:08 | 好きなもの